衝撃!! シリカシンターの原料は、厚生労働省が食品添加物として認可していない使用不可とされている、アルミニウム含有のアルミノケイ酸ナトリウムだった!?

衝撃!! シリカシンターの原料は、厚生労働省が食品添加物として認可していない使用不可とされている、アルミニウム含有のアルミノケイ酸ナトリウムだった!?
シリカシンターの原料等に関する情報周知のための動画です。

シリカシンター(国産天然アルミノケイ酸塩焼石/ケイ素溶出セラミック)という水道水の浄水(カルキ=塩素分は約5分で消滅させるらしいですが、現実は1時間以上経過しても、いわゆるカルキ(塩素分)は消えません。実験済み)と、ケイ素水が出来て飲用できる食品グレードの鉱物らしいです。

原料は【国産天然アルミノケイ酸塩焼石】としか表示されておらず、その種類は数多く存在し、具体的にどのような鉱物が原料となっているのか、パッケージを見る限り不明な状況です。

しかし、先月の中頃、ケイ素や鉱物の専門家によって、原料はゼオライト(沸石)という鉱物であることが明らかにされましたが、シリカシンターの普及活動を行っている人物や関係者らは否定している模様です。

そのような中、以前、某シリカシンター普及者(紹介者)の発言内容をスクリーンショットして情報収集していたものの中に、なんと厚労省が添加物として認めていない(使用不可)、アルミニウム含有のアルミノケイ酸ナトリウムがシリカシンターの原料でえあると主張するツイッター画像を見つけました。

当の本人等は、厚労省認可のアルミノケイ酸塩が原料だと主張されていますが、大きく矛盾します。

このように、特にシリカシンターにまつわる事には、釈然としない、おかしな事が多すぎるため、これから商品購入を検討されている方や、使用中の方への参考となればと思い、動画を作成し、周知するに致しました。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)